カモミール茶 サフラワー茶

リーディングによると、腸壁を丈夫にするハーブティ


「カモミール茶とサフラワー茶を交互に飲用する組み合わせ効果は、組織内を非酸性に保つのに役立つであろう。」 (7881-4他)
【種類】 カモミール
ジャーマン・カモミールとローマ・カモミールの2種類がありますが、前者を用います。

サフラワー
漢方薬の「紅花(こうか)」(「べにばな」の花びらを摘み取ったもの)と同じです。
【効用】 ニキビや吹出物、乾せん、消化不良、各種皮膚炎、潰瘍、毒血症等に勧められました。

・消化器官をリラックスさせ、排せつを促す作用
・胃腸内の粘膜をより多く形成する作用
・毛細管の体液の循環を整える作用

・腸壁を丈夫にするので、未消化物が血液中に洩れて皮膚へ蓄積するのを防ぎます。
【飲み方】 ・一日に3回以上、薄いお茶を飲む。
・ある時は、カモミール茶とサフラワー茶を1日交代で飲み、ある時は好きな方を楽しみながら飲む。
【注意】 サフラワー茶は、妊娠中の服用を避けて下さい。(「紅花」には、子宮を収縮させる作用あり)
【手軽な作り方】
  ティーカップに一つまみのカモミール又はサフラワーを入れ、そこに熱湯を注ぎ、そのまま15分間つけておいた後、濾して飲む。
 


あなたの健康生活のために!


Return to Home Page