オイルマッサージ




エドガー・ケイシー健康会・会長・福田高規

私は意識屋さんである。
意識(生命)に聞いて、聞いて、聞きまくる治療師である。頭で考えて結論の出ない問題は、考えない。どんどん聞く。すると、答えがすぐにやってくる。これは、考えに汚染されないで、赤ちゃんのように素直な意識といっしょにあれ(存在)ば誰でもできる。その方法は『超意識活用健康法』(たま出版)に書いてあり、体験会が東京と名古屋で開催されている。計画を立てていただければ、どこへでも出張しての体験会もできる。

私が皆さんのこりや痛み、それに悩みをたちどころにとって見せられるのは、奇術師だからではなく、積極的に意識に聞く「聞きまくり師」だから。そして、意識、食事、排せつ、運動、体操、湿布、マッサージが健康の要とよくわきまえているから。

私が皆さんに提供しているオイルが米ぬか油を主原料にしているのは、健康に効果的なマッサージオイルは何かと意識(生命)に聞くと、意識が「米ぬか油」と答えるからで、あまり理由は無い。他のオイルは、それぞれ特徴を持っているので、それを活かして使えばよい。

「ニッコリいい感じが心身を健康にする」。人々はそれをなかなか信じようとしない。でも、ほんとである。

そこで、オイルマッサージをする時、マッサージする方は、何はともあれ、ニッコリいい感じでする。すると、してもらう方も、ニッコリいい感じになる。これこそ間違いなくお互いがニッコリいい感じである。何を言っているかと言うと、やさしいニッコリいい感 じのマッサージをしていただきたいのである。

まず、少量のオイルを手にとり、自分がニッコリいい感じになって、オイルを祝福する。そして、体の他の部分の具合が悪くても、脊柱にそって、脊柱の両側をやさしくマッサージする。それから、患部をマッサージする。

この時、何とかして悪いのを治そうなんてしない。その部分を修復しようとするのは、その部分を非難、批判、否定しているのと同じである。その部分をひたすら、ニッコリいい感じで祝福して、その祝福を自分たちのこれからの体験にする。私たちは造る働きそのものなので、これからの祝福の体験をいまここで作りだせばよい。人生万般も皆おなじ。

そのあと、気持ちよくたたく。つまむ。揺する。引っ張る。こうして、その部分を充分に愛してさしあげる。そのニッコリいい感じが心身を健康にする。

よく、爪まで肥厚した水虫がオイルマッサージで治ってしまったという報告を受ける。オイルが水虫に効くのではなく、その部分が健康になったので、水虫が消えたのである。